最新情報

最新のブログ投稿です.

  • TSUMUGI通信 50号です

    会員のみなさんの活動,近況と「地域の課題を考える交流集会 令和6年6月29日(土曜日)開催」情報をお伝えします.

    【会員のみなさん活動】5月8日に 鳥羽市の「戸田家」で従業員のみなさんを対象に「市民救命士養成講座」が試行されました.5月9日に 度会町役場にて、今年度第1回目の 「度会郡4 町情報交流会」 を開催しました.

    【近況】5月10 日に 東京ビックサイトで開催の総務・人事・経理Week に参加しました.

  • TSUMUGI通信 49号です

    JR 東海三重県下初、駅敷地内での駅舎併設町施設づくりについて,玉城町まちづくり推進課
    課長 中川 泰成 氏より お話を伺いましたのでご紹介します.新たな施設は、これまでの駅の待合いに加え、交流人口や関係人口、地域住民など様々な人々が気軽に集いつながる地域交流の拠点となることをコンセプトとしました.田丸駅問題検討の当初から住民主体で結成された 「田丸駅でつながるまちづくり協議会」 のみなさんのご協力をいただきながら,「田丸駅交流施設」の開所となりました.是非,お立ち寄りください.

    【予告】2024年 6月29日(土)、 アスト津 にて地域連携ネットワーク交流会を開催します.メインテーマは「地域交通について」よ予定しています.詳細は確定しだい,掲載いたします.

  • TSUMUGI通信 48号です

    鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 救急救命学科 神藏貴久先生より,「市民救助者が行う心肺蘇生と鈴鹿PーBET(応急手当普及サークル)」についてご寄稿いただきました.病院外で意識がなく,呼吸をしていない(心臓が動いていない)人を発見した場合,市民救助者による 119 番通報→胸骨圧迫を主体とした心肺蘇生(可能であれば AED による電気ショック)が心停止傷病者の生命予後を改善する鍵となるのです.裏面には「市民救助者が行う心肺蘇生」のフローチャートを掲載しています.是非ご活用ください.

  • 【終了しました】地域連携ネットワークみえ交流会(令和6年3月9日) 開催します

    学びの トークサロン

    みんな集って
    思い思いのテーマで語らいましょう
    一緒に語らう中で、見つかる課題解決のヒントがあるかも
    周りの方々の考え方や情報を聞き取って
    みなさんの中で 今後 取り組まれる方向として
    最善の方法が見つかるといいです

    日時:令和6年3月9日
    午後2時30分~
    場所:EBIIRO エビイロ (ソシアビル F1)
    会費:3,000円 (食事とお飲み物代)

  • TSUMUGI通信 47号です

    三重県危機管理統括監の野呂幸利様より,三重県の危機管理の取り組みなどについてご寄稿いただきましたので,お伝えします.令和6年能登半島地震での三重県の支援状況や,今後の備えとして自助,共助の方法と活用などの情報がございます.関連して「みえ防災塾」のご紹介をします.地域の防災・減災活動に活躍できる人材を育成する場です.
    また,会員の山方郁広さんが2月に松阪魚町でお店をオープンします.次に,2月16日(金曜日)には,鈴鹿医療化学大学白子キャンパスでリカレントのシンポジュウムが御座います.是非ご一読ください.

    なお,予告ですが,3月9日(土)午後3時より地域連携ネットワークみえ交流会を開催します! 詳細は追ってお知らせします。